ビジネススクールについて

グループ講義とは?

■ 売上に利益がついてくる画期的な販促法と実行に移す仕組み

TKC ビジネススクールは、地域で頑張る街の畳屋さんを対象として、
1年間の集中した取り組みで成果を出し、受講後も継続的に発展し続けていくためのサポートプランです。

毎日仕事に追われて忙しいのに、さらに「成果が上がる新しい取り組み」をスタートさせるな んて、本当にできるだろうか?そう思われるかもしれません。
ですが「TKC ビジネススクール」は、そんな忙しい社長さんでも、確実に結果が出せるようにシステムを練り上げています。
ぜひ、最後までお読みいただき10年、20年後も活き活きした畳屋さんでいるためのヒント
を見つけて下さい。


1511011_246086182245090_646853659063618780_n

■ 1グループ7社限定の理由

新しい取り組みに挑戦をしようとするとき、一人でアイデアを考え、それを実施して成果を出すまでの道のりは大変険しいですが、
同じような環境、同じような悩みを持つ仲間と協力して、一緒に答えを作り上げていく「場」があれば、相当の負担を軽減できます。

こうした「グループによる施策の取り組み(ワークショップ形式)」が上手くいく人数は、一般的に 7 人までともいわれます。
TKCビジネススクールでは、中身の濃い話し合いができる人数にこだわり、4社から7社までとしました。
そうすることで、参加される方が一年間、定期的に顔を合わせて、次々にアイデアを実現させていき、お互いの取り組みに刺激を受けるサイクルができていきます。

■ 会議=無駄?とんでもない!

会議と言えば組織として無駄なものの象徴の一つです。
ところが、社長である参加者同士の会議となれば、一般にイメージする会議とは、雰囲気が全く異なります。

新たな利益を生むために表面化する課題について「よりよい解決策が何か」を社長同士がそれぞれの経験を元に意見を出し合い、これまでにないアイデア、取り組みへと会を重ねていくに連れ発展していきます。

それを実現するためのシステムが「TKC ビジネススクール」の大きな強みといえます。
そのノウハウと実績を豊富に持つ、専任講師の島田光章氏を中心に、弊社とともにスタッフが アイデアを実践するサポートをお約束します。

関連記事

  1. なんで泣いちゃったんでしょうね

  2. 動画で見るTKCビジネススクール

  3. 【映画マトリックス】

  4. 【取り組むべき順番】

  5. TKCビジネススクール第一回広島編

  6. グループ講義の資料を作ってます。

PAGE TOP

スクール参加者のコメント

改善計画セミナー 大阪

ビジネススクールについて

まだ広告が完成していないあなたへ。

スクール参加者のコメント

チラシ作りセミナー 名古屋

スクール参加者のコメント

チラシ作りセミナー 大阪

スクール参加者のコメント

チラシづくりセミナー 仙台

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。