ビジネススクールについて

ビジネススクールがさらにパワーアップしました!

昨年より始まりました、TKCビジネススクール。
一年たった今、多く会社が増収増益を達成され、たくさんの成功店さんを生んでいます。

次のページからご紹介しますとおり、すでにたくさんの方から喜びのコメントをいただいています。

当然、開講初年度と言うことで様々な試行錯誤がありました。
至らなかった点、改善するべきポイントも多く見つかりました。
それらの反省点を、踏まえスクールがさらに新しく生まれ変わりました!

DSC_1412

まずはカリキュラムの再構成です。
講義で進められる12のテーマととは次の通りです。

まずは売上に直結する販促技術も、最新事例を取り入れてパワーアップしました。
(1)広告展開
一年間で数え切れないほどの成功事例を生み出してきた広告展開ですが、第二期からは制作実習を取り入れながら、独自にメソッドを習得して頂きます。

(2)ネット
ホームページ作成からソーシャルネットワークへの展開まで、具体的な方法をお伝えしながら、手堅くに黒字化する手法をお伝えします。

(3)セールス
第一期で好評だった契約に当たってのクロージングトークも、実習を交えながら、さらに短時間でスムーズに習得して頂くトレーニング手法を導入します。

そして会社の収益を産む既存のお客様とのお付き合いについても、さらに取り組みを強化しています。
(4)顧客満足向上
同じ工事、同じ作業でも、紹介をうみ、リピート受注に結びつく作業フォーマットがあります。
第二期ではこの技術の数々をパターン化して習得して頂きます。

(5)既存客フォロー
第一期にはチラシを一枚も打つことなく利益を30%以上アップされた方がいらっしゃいます。
その中心は既存のお客様に対するアピール。
これらのツール・テクニックも実例を交えてお伝えします。

(6)情報発信
広告費も郵送費もほぼゼロで宣伝してもら方法。
マスコミ出演についても避けては通れません。
成功事例を中心に、パターンとして学習していきます。

さらに長期的な成功をもたらす戦略の組み立て方も、様々な手法を取り入れていきます。
(7)商品戦略
売りやすい商品ラインナップとアピール方法について、実例と共に議論を深めていきます。

(8)戦略概論
競合戦略から、エリア戦略、ポジショニング戦略まで、地域で生き残るための基礎的な立ち位置を確認していくと共に、自社の弱点を見直していきます。

(9)価格戦略
ほとんどの会社は値段の付け方が間違っています!
顧客満足を向上しながら、利益を最大化する価格表に実際に作り替えていきます。

最後に忘れてはいけないのが、社内の内部ルールです。
ほとんどの会社が売上だけを負うあまり忘れがちなのですが、社内の整備が出来なくては利益が残りません。
みんなが嫌がる地味な部分ですが、一つ一つ解説していきます。
(10)財務
現金の流出と経理。
誰もが目を背けたがるこの事実について、ステップ・バイ・ステップで解決していきます。

(11)事務
販売管理と伝票管理について。
ここが手つかずのままでは利益が残りません。
具体的な手法について解説していきます。

(12)人材
今後ますます難しくなる人材の採用と育成について、効率よく戦力を確保するツール類をご提供していきます。

DSC_0025

以上4グループ12個のカリキュラムで、一年間の講義は進むわけですが、進歩したのはそれだけではありません。
新たに行ったシステム変更が3つあります。
具体的には次の通りです。

(1)スタートダッシュに最適な教材を先行配布。
これまでは例えばチラシ作りをするためには、該当する講義を聴いてからでないとなかなか実行に移すのは難しい面がありました。
そこで、スクールで学んでいただきたい基礎的な部分を、実例資料を交えたテキストと講義ビデオにまとめました。
この先行資料を見ながら、行いたい施策を優先的に実行に移していただくことで、授業待ちの状態を解消し、春からのスタートダッシュに役立てていただけます。

(2)アメリカ最先端の脳科学に基づく、実行→結果に結びつきやすい講義体系。
アメリカで1980年代から研究された加速学習のメソッドと、脳科学に基づいた習得要素をとりいれ、営業トークや広告作成などを短時間で高度なレベルにまで習得していただく工夫を凝らしています。

(3)業績の上がる仲間との協働作業を積極的にサポート。
スクール初年度、最も成果の上がったクラスは関東クラスでした。
他のクラスと比べて成績の上がった原因は、ズバリ仲間との助け合いでした。
それぞれの経営課題を時間外に話し合い、時には広告を共に作って添削に出すチームワークは田のクラスと一線を画していました。
それらの経験を参考に、初対面のもの同士でも協働していけるように、日本最先端のグループワーク技術を取り入れ、業績アップにつなげています。

DSC_1705

これだけの、試みが一年続けられるスクールは、恐らく日本では我々だけだと思います。
毎週一つ新たな試みを加えるだけで試作は52個。
我々のプログラムで52個も施策を取り組んでだうえで、利益の上昇を年間30%以下に抑えるのはもはや不可能だといえます。

それだけのプログラムを手にするためにかかる費用は?
100万円?200万円?
それを、グループで学ぶことを通じてわずか月4万円で手に入るのです。
このスクールの実績は、第一期のメンバーさんの利益アップ、成長具合を見ても明らかです。

同時に説明セミナーのDVDもご覧になってください。
かならず、ご参考にして頂ける部分があるはずです。

また、お申し込みについて、「だれに聞いて良いのか分からない」という方は、
メールinfo@msup.bizまで「TKCビジネススクールについて」とお送り頂ければ対応させて頂けます。

問い合わせたからと言って支払いが発生する訳ではありません。
まず、最初の第一歩の行動をお待ちしております。

関連記事

  1. 【神戸トークショー】

  2. グループ講義の資料を作ってます。

  3. 【結果が出始めてきました】

  4. 【取り組むべき順番】

  5. 2015年4月スタートの第2期クラス 募集開始

  6. 【映画マトリックス】

PAGE TOP

スクール参加者のコメント

改善計画セミナー 大阪

ビジネススクールについて

まだ広告が完成していないあなたへ。

スクール参加者のコメント

チラシ作りセミナー 名古屋

スクール参加者のコメント

チラシ作りセミナー 大阪

スクール参加者のコメント

チラシづくりセミナー 仙台

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。